美白化粧品の選び方 間違うと効果が出にくい!

美白化粧品には大きく分けて2種類あります。それは、出来てしまったシミを消す解消タイプと、これから新しくシミが出来るのを防ぐ予防タイプの2種類です。


間違ったものを選ぶと効果が半減するので、目的にあった化粧品を選ぶことが大切。例えば、今あるシミを消したいのに予防タイプを使っていてもあまり効果があらわれません。


次に大切なポイントは浸透力。多くの美白成分は水溶性。人間の肌は皮脂に覆われているので水溶性の美白成分はあまり浸透しません。美白成分を肌に浸透させる工夫を行なっている化粧品を選びましょう。


そして最後に大切なポイントは肌質に合ったものを使うことです。美白成分の多くは刺激が強いので、敏感肌や乾燥肌の方が使うと炎症を起こすことがあります。メラニンが生成される原因は紫外線だけでなく、炎症によっても生成されます。ですから、肌の弱い方が強い美白成分を使うと逆効果になることもあります。


目的別に美白化粧品を選ぶ

今あるシミを薄くしたい

シミ予防タイプの化粧品では今あるシミを消すことはできません。シミ解消タイプの化粧品は意外と少ないのです。

未来のシミを予防する

未来のシミを予防するにはUVケアだけではダメ。紫外線以外にもメラニンが生成されてしまうことがあるのです。

活性酸素を除去しシミ対策

活性酸素を除去してシミのできにくい肌に。活性酸素対策はアンチエイジングにもおすすめ。


美白ケア化粧品 人気ランキング

当サイトからの申し込みが多い順のランキングです。

トライアル
1,890円
送料無料
(6,500円相当)
アンプルール
シミを消すシミを予防透明感アップ

本気でシミ・くすみに悩んでいるかた限定!
新安定型ハイドロキノンをマイクロカプセル化することで角質層に浸透し、直接メラニンにアプローチ!
一気に肌に触れず時間差で働きかけるので、長時間持続するだけでなく、肌への刺激が大幅に低減されています。

トライアル
2,160円
初回限定1,480円
送料無料
ディセンシア サエル
シミを消すシミを予防透明感アップ

敏感肌専用の美白化粧品。敏感肌の方が通常の美白化粧品で効果を感じられないのは、敏感肌特有のシミサイクルが原因。敏感肌の女性のために、その原因を解消する美白化粧品が出来ました。

トライアル
1,000円
送料無料
アスタリフトホワイト
シミを予防透明感アップ

松田聖子さん、松たか子さんのCMでお馴染みアスタリフトホワイト。ナノAMAと美白有効成分(アルブチン、ビタミンC誘導体)が角層まで届き美白ケア。アスタキサンチンや3種類のコラーゲンでハリと潤いをキープ。

トライアル
1,944円
送料無料
ビーグレン
シミを消すシミを予防透明感アップ

最強の美白成分ハイドロキノンができてしまったシミを薄くし、シムホワイト377がシミが出来るのを予防します。これらの美白成分を国際特許の浸透テクノロジーで肌の奥まで届け、直接シミに働きかけます。

HANAオーガニック 初回限定
1,480円
送料無料
(2,893円相当)
HANAオーガニック
シミを予防透明感アップ

日本ではまだ少ない本物のオーガニックコスメ。100%天然成分で安心のオールインワン美容液。抗酸化力の強いローズポリフェノールが、寝ている間に肌再生し、シミ・くすみを解消。


美白化粧品でアンプルールが人気No.1の理由

肌に優しく、浸透しやすい新安定型ハイドロキノン

シミを消す美白成分として最も効果的と言われているのがハイドロキノンです。その効果が認められているので医療機関でも使われています。しかし、ハイドロキノンは水溶性で肌に浸透しにくい特徴があります。いくら効果的な成分でもシミの元に届かなければあまり意味がありません。また、ハイドロキノンは不安定で刺激が強い成分なので、肌が弱い方が使うとヒリヒリしたりすることもあります。


このようなハイドロキノンの弱点を克服したのが、アンプルール ラグジュアリーホワイトに配合されている新安定型ハイドロキノンです。新安定型ハイドロキノンはこれまでのものよりずっと安定して効果が発揮される上に、肌への刺激感がなくなり安心して使えます。また、新安定型ハイドロキノンをマイクロカプセル化することで肌の角層まで浸透し、シミの元のメラニンに直接働きかけます。このとき、一気に肌に触れず時間差で働きかけるので長時間持続するだけでなく、刺激が大幅に低減されます。


アンプルール ラグジュアリーホワイトには、2種類の美白美容液が用意されています。1つは出来てしまったシミに集中してピンポイントでケアするもの。もう1つは肌全体に使いシミの予防をするもので、くすみをケアし透明感アップを助けます。用途別に分けることでそれぞれの目的で結果が出しやすくなります。
以上がアンプルール人気No.1の理由です。

敏感肌の方はコレがおすすめ

今まで美白を感じられなかった方に人気

通常はアンプルールを選べばOKですが、敏感肌の方にはサエルのほうがおすすめです。サエルは敏感肌・乾燥肌の方のために作られた美白コスメです。20代後半から40代前半くらいの働く女性の約半数が敏感肌か乾燥肌という調査結果があります。調子が良い時は普通肌でも、ストレスがたまったり、季節の変わり目になると肌が乾燥したり荒れたりする方が多いのです。
そのような方は、普通肌用の美白コスメを使っても美白を感じることが難しいと言われています。そして今まで美白コスメで効果を感じられなかったという方にサエルが人気となっているのです。
サエルの注目ポイントは、特許技術のヴァイタサイクルヴェール。敏感肌や乾燥肌の原因は肌のバリア機能が低下していること。ヴァイタサイクルヴェールは、紫外線や外部刺激を徹底的にブロックするので、シミを予防するだけでなく肌のバリア機能を修復します。
そして、ポーラ研究所オリジナルの成分であるエスクレシドが、黒くなったメラにを白いチロシンへと巻き戻すので、出来てしまったシミにも対応
そしてこれらの成分を浸透させるのがウォータリーモイスチャー。水にも油にもなじみやすい性質のため、美白成分が瞬時に肌のすみずみまで浸透

自分の肌が通常肌か敏感肌かわからない場合には、アンプルールとサエルはどちらもトライアルセットを用意しているので、両方を比べてみるのが良いですよ。


美白ケア化粧品 体験レビュー

人気のアンプルール 体験レビュー

シミ予防だけではなく今あるシミを集中ケアできるアンプルール。

本当に美白効果が感じられるの?今あるシミに効果は感じられるの?

実際にアンプルールのトライアルセットを使用してみました。

その使用感と肌への効果とは?

人気のディセンシア サエル 体験レビュー

敏感肌専用の美白化粧品として人気が高いディセンシア サエル。

本当に美白効果が感じられるのか?敏感肌でも問題なく使えるのか?

実際にディセンシア サエルのトライアルセットを使用してみました。

その使用感と肌への効果とは?

人気のHANAオーガニック 体験レビュー

オーガニックの美白化粧品として人気が高いHANAオーガニック。

オーガニックだけど、美白は実感できるのか?敏感肌でも本当に安心して使えるのか?

実際にHANAオーガニックのトライアルセットを使用してみました。

その使用感と肌への効果とは?


「美白化粧品 目的別ランキング【シミを消す・シミ予防・活性酸素対策】」について

エイジングケア化粧品や美白コスメを価格で決めてしまう方も多いと思います。安さがセールスポイント担っている商品も多いでしょう。興味本位で安いものを使うよりは、できれば自分に合ったものを使う方が良い結果に結びつくことが多いようです。シミが出来るのを抑えるには、普段からの紫外線ケアが大切です。また、シミの種類によって最適なコスメの種類も変わってきます。最近ではさまざまなものがあります。ライスフォースのように米が原料の化粧品もあります。ライスパワーNo.11というコメから作られる保湿成分が入っています。この成分は厚生労働省により水分保持能を改善すると認められている成分です。肌の水分量を増やしたいという場合には有効でしょう。 エイジングケアといえばシミ以外にシワの悩みもあります。シミのケアと同時にシワのケアもしたいなら、クリーム状のものが使いやすいです。大手の化粧品メーカーは、自分たちで研究施設を持ち、様々な技術を開発しています。そして、年々効果的なものも開発されています。多くはケミカルのものです。オーガニックコスメは大手ではあまり作られていないようです。オーガニックの化粧品は、大量生産に向いていないというのも理由の1つです。

美容部員のおすすめするコスメも悪くはないのですが、やはり自分でしっかりと成分を調べて選択するのが賢い方法です。しみやくすみを予防したいのか、それともシミ・クスミを薄くしたいのかで使ったほうが良いものが違います。雑誌などを見ると花王のキュレル(Curel)などセラミドを配合したものを多く見かけます。年齢を重ねる毎にセラミドが減っていくので、シワやタルミには良いです。しかし、美白という観点からはどうなのでしょうか?実は、美白にもセラミドは重要です。セラミドは肌の潤いには欠かせない成分です。肌がうるおうと、肌のバリア機能が正常に働いたり、ターンオーバーが正常に働くため、メラニンの発生を予防したり、生成されたメラニンを肌から排出しやすくなるからです。ですから、セラミドにも注目してください。 我儘は言うつもりないですし、富士フイルムのアスタリフト(アフタリスト)だけあれば、ほかになにも要らないくらいです。

2011
いくら若く見えるように頑張っていても、顔にシミができると、実年齢よりも老けて見えますよね。ですからエイジングケアをするなら、シワ対策だけでなく、シミ対策も欠かせません。ほうれい線やちりめんジワ、目尻の皺、目元のシワ、肌のハリ、年齢肌を気にするだけでなく、シミのない明るい肌、透明感のある白い肌、潤いとハリ(張り)のある肌を目指しましょう。 ちょっと安直すぎると思うのですが、化粧品がテレビで取り上げられて知名度が上がったりすると、一気にブレイクします。タレントや芸能人みたいな人がブログで扱ったりすることでも知名度が広がり、いろいろな情報が報じられます。また、エステや美容クリニックも同様に、有名人が通っていたりすると注目があつまります。 シミを消すのにレーザー治療が悪いというわけではありません。ただ、安全性としてはどうかなというところはあります。とはいえ、レーザー治療も現代では珍しいことではありませんし、くすみとしては気にならないのかもしれません。 エイジングの悩みといえばシミ以外にクスミやシワ、たるみ、ほうれい線などがあります。これらの年齢肌の原因は加齢だけでなく、紫外線や活性酸素などがあります。このようなエイジングのお肌の悩みには、ビタミンC誘導体が配合されているものが効果的です。ビタミンC誘導体というのは、肌に浸透したあとにビタミンCに変化する成分です。ビタミンCは水溶性で肌に浸透しにくいため、ビタミンC誘導体という形で化粧品などに配合されているのです。 病院で処方される薬にトランサミンがあります。これにはトラネキサム酸が入っていてシミや肝斑などの改善に用いられます。他にはシナールという薬もあります。 美白化粧品を選ぶときは、イメージで選ぶのではなく美白成分が入っているかチェックすることが大切です。美白成分といってもどんなものが良いか分かりにくいかも知れなませんので、例を挙げておきます。医薬部外品に含まれる美白成分としては、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラET、m-トラネキサム酸、4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)、エナジーシグナルAMP、マグノリグナン、プラセンタエキス、D-メラノ、ロドデノール、TXC、油溶性甘草エキス(グラブリジン)などがあります。 しみ予防やしみ解消は、シワ消しと並んでアンチエイジングの大きなテーマの1つです。染みも皺も紫外線や活性酸素が主な原因の1つとなります。シミ対策として化粧水や美容液、クリームなどのうちどれを使えば良いのか迷うところです。また最近ではシミ対策のサプリメントも登場しています。例えば、プラセンタなどがシミに良いと言われています。 若いときは日焼けをして肌が黒くなったり赤くなっても、少し時間が経過すれば元に戻ったものです。しかしある程度年齢がいくとそうは行きません。これには大人の事情と言いますか、肌のターンオーバーが関係しています。10代や20代前半の若い頃はターンオーバーも活発です。日差しの強い日に日光にあたって紫外線によりメラニン色素が生成されたとしても、ターンオーバーが活発ならメラニンが徐々に肌の外に排出されていきます。若い頃にシミができにくいのは、このように生成されたメラニン色素が肌の外に押し出されていくからです。エイジングとともにターンオーバーは衰えていきます。すると角質層のメラノサイトで作られたメラニンが排出されにくくなり、濃いシミとなってしまいます。 何年か前に問題になったのが、美白化粧品を使ったときの白斑です。ニュースなどにもなっていたので、覚えている方も多いのではないでしょうか。白斑問題はロドデノールという成分が原因なのではないかと言われています。まだはっきりとは分かりませんが、念のためにロドデノール含有の美白アイテムは避けておいた方が良いでしょう。 シミを薄くする美白成分としてはハイドロキノンが有名です。皮膚科などでも用いられ長い実績もあるので、安心して使うことができます。安心出来ると言っても刺激の強い成分なので、お肌が弱い方は注意しましょう。気になる方は濃度の低いものから試してみると良いでしょう。ハイドロキノン配合の美白化粧品としてはビーグレンが有名です。ビーグレンのハイドロキノン配合濃度はそれほど高くありませんが、世界特許の浸透テクノロジーにより、シミの元に届けてくれるためおすすめです。 シミと似た悩みに雀斑(そばかす、ソバカス)があります。肌に出来る茶色く小さい点々のことを雀斑(そばかす)と言います。鼻や頬の周辺に出来ることが多いです。しかし、顔だけに限らず、体のあちこちに出来る場合もあります。ソバカスができるのもメラニンが原因です。ソバカスの対策としては、基本的にシミ対策と同じです。ソバカスは遺伝性のものもあり、子供のころにに出来るのは遺伝が原因と言われています。この場合は大人になるにつれて、薄く目立たなくなっていきます。しかし大人になっても無くならないこともあり、このケースはセルフケアで薄くするのが難しいため皮膚科等での専門の治療を受けるのが良いでしょう。 シミの症状によっては自分でケアするだけでは消すのは難しいこともあります。そのような場合には、フェイシャルエステの美白コースを受けたり、美容外科でのレーザー治療を受ける必要があるかもしれません。特に濃いシミは美容クリニックでのレーザー治療が向いているでしょう。しかし医療機関でのレーザー治療というのは、今あるシミに対処するだけで根本的な原因を無くすわけではありません。それに対し、フェイシャルエステではシミを消す治療を行っているわけではありませんが、お肌の潤いをアップし肌のターンオーバーを促進することでシミのできにくい肌へと導いてくれます。同時に特殊な美顔器を使ったりイオン導入を行うことで美白成分をメラニンまで届けシミをケアします。 お肌に潤いを与える成分としてはヒアルロン酸が有名です。 ニキビや肌荒れからシミができることがあります。ニキビや肌荒れが酷くなると炎症を起こし赤くなります。それが刺激となり角質層のしたの方にあるメラノサイトでメラニン色素が生成されてしまうからです。ですからニキビや肌荒れを放置しておくのは美白の観点からしても良くありません。 以前、美白成分により白斑(白い斑点)が出来ることが問題になりました。これはカネボウ(kanebo)のロドデノール(Rhododenol)という成分が原因と言われていますが、はっきりと全容が解明されたわけではありません。そうは言っても、念のため使用するのは止めたほうが良いと思います。 美肌と美白は切っても切れない関係です。染みやクスミのある肌はとても美肌とは呼べませんね。ですから美肌を目指すならシミができないように予防することも大切です。美肌のためには保湿して潤いを与えることが重要です。肌が乾燥していると肌のバリア機能が弱まります。すると紫外線や外部刺激が肌の奥の角質層まで届きやすくなり、メラノサイトでメラニン色素が作られ、シミの元となります。このとき肌の水分量が少ないと肌のターンオーバーが滞り、作られたメラニン色素を肌の外へ排出するのが難しくなり、濃いシミとなってしまうのです。肌が潤っていてターンオーバーが正常なら、徐々にメラニンが排出されるので、シミになりにくいのです。ですから、ホワイトニングのケアだけでなく、保湿や潤いケアが大切になります。 また毛穴のケアをすることも忘れずに。毛穴に皮脂汚れがたまっているとニキビができ、放置しておくとニキビ跡や色素沈着などが起き、シミやくすみの原因となります。また、毛穴に角質汚れがたまっていると、光の反射の関係で肌が黒ずんで見えることもあります。保湿して毛穴をキュッと引き締めることも忘れずに。保湿に良い美容成分としてはヒアルロン酸などがあります。 有名な美白コスメには、POLAホワイティシモ(ポーラホワイティシモ)、アルビオン エクサージュホワイト(ALBION EXAGE WHITE)、イプサ ホワイトプロセス(IPSA)、オバジ、コーセー(KOSE)雪肌精、白澄XX、花王 ソフィーナ ホワイトプロフェッショナル、資生堂 HAKU(ハク)、赤い美白(ブランシール)、リサージ ホワイト(LISSAGE)などがあります。 メラノサイトでメラニンが作られるとき、どのようなことが起きているのでしょうか。チロシンとチロシナーゼが結合すると黒色メラニンが生成されます。チロシンとはアミノ酸の一種、チロシナーゼとは酵素の一種です。これらが結びつくのを防げればメラニンが作られないということです。このような美白コスメにサエルがあります。ポーラ研究所オリジナル成分のエスクレシドを配合。エスクレシドはロシナーゼの発生を抑える働きがあり、メラニンの素が生まれないようにします。他にアルブチンを配合。チロシンより先に、アルブチンがチロシナーゼと合体することで、チロシンと合体するのを防ぎます。 オバジHQ ブライトニングナイトセラムは、ハイドロキノン配合の美容液です。ハイドロキノンは不安定な物質ですがオバジ独自の技術で安定化しています。気になるシミにぴったりと密着し、夜の間中ピンポイントで集中ケアします。目の下の染みが気にならなくなった、顔が明るい印象になった、しみが気にならなくなったといった口コミがあります。 明るく透明感のある肌のためにはスキンケアが欠かせません。潤いが失われ乾燥した肌はキメが荒くなります。そうすると光が乱反射するようになり、くすんで見えるようになってしまいます。また水分量の少ない肌はターンオーバーが滞るようになり、肌の奥のメラノサイトで作られるメラニン色素を排出できなくなってきます。そうするとシミが出来る原因となってしまいます。ですからスキンケアをして、皮膚の潤いを保つことが大切です。 美白におすすめのオールインワンゲルもあります。例えば、ホワイトニングリフトケアジェル、メイクルホワイトゲル、エニシングホワイト プレミアムモイスチャーなどがあります。ホワイトニングリフトケアジェルは製薬会社であるメビウス製薬の製品です。医薬部外品で医学雑誌などにも掲載されているほどの実力派です。マッサージすることでターンオーバーを促進させます。 他にもパーフェクトワン モイスチャージェル、ピュアメイジング、ノエビア 薬用ホワイトニングゲル、薬用アクアコラーゲンゲル美白、海のブレア Wモイスチャーなどがあります。